交通事故にあってしまったら

一般的な交通事故の流れ

(1)車を安全な場所に移動させる

二次被害を防ぐため、ほかの交通の妨げにならないよう(路肩、空き地など)に車を移動させ、エンジンを切りましょう。

【安全な場所に車の移動ができない場合】ハザードをつけ、停止表示器材を置くなどするほか、交通が頻繁な幹線道路などでは発炎筒をたき、ほかの車に停車していることがわかるようにしましょう。

(2)負傷者を救護し、119番に連絡する

負傷者がいる場合は、119番に連絡し、医師、救急車などが到着するまでの間、ガーゼや清潔なハンカチで止血するなど、可能な応急救護措置を行いましょう。

この場合、むやみに負傷者を動かさない(特に頭部や頚部に損傷がある場合)ようにしましょう。ただし、後続事故のおそれがある場合は、早く負傷者を救出して安全な場所に移動させます。

(3)110番に連絡する

事故が発生した場所、負傷者や負傷の程度、物の損傷程度、事故にあった車の積載物など警察官に報告し、指示を受けましょう。

【高速道路では】高速道路では、1kmおきに設置してある非常電話で連絡をしましょう。あなたが電話している場所が、すぐにわかります。 車内に残らずガードレールの外など安全な場所に避難して救助を待ちましょう。

示談はダメ!!必ず警察を呼び当事者同士での現場での口約束や示談はしない。警察を呼ばないと後ほど保険が受けられません。痛みがある場合などは、その旨を警察に伝え人身事故扱いとする。

(4)相手の運転免許証の確認

必ず加害者の氏名・住所・自宅と携帯の電話番号・自動車のナンバーをメモにとりましょう。書く物が無い時には携帯で免許証と車検証を撮影します。

(5)事故状況の記録と目撃者の確保

目撃者をさがし交通事故の詳細を聞いてメモをします。住所・氏名・昼間の連絡先も聞いておくといいです。また、デジカメや携帯で現場写真を撮影します。

現場確認と目撃者の証言は、その後の示談交渉や裁判の時とても役に立ちます。人の記憶はあいまいなものです。

(6)お互いの任意保険会社への確認と連絡

対人事故の場合、事故発生から60日以内に通知を行わないと、原則として保険金が支払われない仕組みになっているので忘れないでください。

(7)相手の保険会社に接骨院に通院することを伝える

最初に行った病院にしか通えないと思い込んでいる方がおられますが、通院場所は患者様の意思で決められます。

むち打ちは体の不調だけでなく心に不調がおこることもあります。悩む前に当院へご相談ください。